真珠  宝石珊瑚 ミャンマー翡翠

都内の某百貨店の本店ジュエリー売り場の方と少し長く

お話してしまいました。

ちょっとルビーのラインナップを見たかったのですが、

売り場の方とルビーの加熱、非加熱の話、

ルビーの鑑別書の記載の変遷等々から

翡翠のリングの話になりました。

琅玗翡翠のリングを買ったことがある話は以前にしましたが、

その売り場に、僕としては見向きもしないような透明感のない

翡翠のリングが700万とか3千万とかしていて、

これとこれはあまりにひどいんじゃない?って

失礼ながら言ってしまったんです。

売り場の方はとにかく透明感のあるいいものが手に入らない、

また、現地に買い付け行っても、ろうかんクラスになると

値段も出ていなくて、完全に言い値。

ビジネスとして、とても成立しない価格だと言ってました。

(百貨店で買い付けに行っているということはないと思うけどね)

そんな透明度のない翡翠でもそんな値段なんですと。

手放す人も少ないし、

大きくても3カラットまでならなんとか手に入るけど、

それ以上はもうとても。。

まして高さのあるものは。。。。って話でした。

しかし、当店では本当に数少ないルートを持っていて、

ご希望のものによっては、お時間を頂くケースもありますが、

ご用意することが出来ると思います。

下の翡翠のリングは、何の画像処理もせず、普通に机の上の蛍光灯下で

撮影したものです。

結構翡翠に(自分自身も含めて)写り込みがありますが、

特別に撮影した訳ではないのでご了承ください。

o0640048012709103361

 

(画像ではダイヤの輝きは伝わりませんが。)

 

高さと透明度のあるいわゆるナリのいいものは、

マーケット(百貨店等)でもう見ることは極めて稀です。

というか見たことがありません。

透明度と高さで驚くほどの価格差になります。

(ネットで安いものも見かけますが、とても薄いものです。)

 

なおこのリングは非売品です。

本気でお求めの方には、探してお作りします。