フィレンツェ彫り

フィレンツェ彫りのダイヤモンドリングです。

これはホワイトゴールドとイエローゴールドの

クラシックスタイルのコンビリングとホワイトゴールドのものになります。

イエローゴールドのみや、ピンクゴールドのみでも出来ます。

IMG_3856-1

 

o0640048012510897718

 

強度の面からこれ以上細く出来ないというレベルまで

繊細な彫りが施されています。
ちょっとブログでは伝えきれないので、

是非ご覧頂きたいのですが、

様々な彫りが施されています。

7untitled

このリングのこだわりは裏側にもあります。

通常このクラスの小さいダイヤを留めるために

空いている石座の穴は小さく丸いのですが、

これも極限まで大きくしかも四角にとっています。

これを「ジョルナトゥ-ラ」と言います。

穴が丸いよりも大きく四角い方がダイヤに入った光が

様々な屈折をして戻ってくるとき、より輝きが増します。

しかし、現代においてここまで手を施すことは

実は稀なことだと思います。

技術はもちろんのこと、その上に大きな手間がかかるからです。

現代の安く大量に作るジュエリーとはかけ離れています。

本物がわかる方にお勧めしたいものです。

8untitled

製作:dalle mani

フィレンツェで10年、しっかりとしたベースがあって

出来る彫りで、直線でも曲線でも角度や深さ等々

本当に奥の深いもので、

技術の差が大きく感じられます。

フィレンツェ彫りのペンダントトップです。

こちらは K18YG ダイヤモンド です。

透かしと全体に交差する彫りと唐草模様の彫りが

入っています。

画像ではわかりにくいのですが、

バチカン部分もオリジナルのものです。

バチカン部分を除いて長さ19ミリくらいです。

IMG_3952-1

 

こちらは、K18WG ダイヤモンド ペンダント です。

ホワイトゴールドにロジウムメッキをしていません。

ホワイトゴールド本来の温かみのある色合いになっています。

IMG_0184

製作:dalle mani

 

フィレンツェで10年、しっかりとしたベースがあって

出来る彫りで、直線でも曲線でも角度や深さ等々

本当に奥の深いもので、

技術の差が大きく感じられます。

フィレンツェ彫りの作家、dalle mani の作品

お取り扱い致します。

中世より受け継がれてきたイタリアの彫金技術

「たがね彫り」や「透かし彫り」

これら伝統のフィレンツェ彫りを生かした作品です。

イタリアの伝統技法、インチジオーネ(洋彫り)

の技術を身に付けている日本人は非常に少なく、

製作もとても繊細で時間のかかるものです。

今回はリングやペンダントです。

是非店頭でご覧ください。

とても繊細な彫りで、ルーペを使わないで

彫れるのかと思ってしまいますが、

肉眼のみでこの彫りを表現しています。

CADで造型したものではありません。

フルオーダーやリフォームも承ります。